妻をオナニーのネタにして、色々妄想しながらシコシコする夫のH体験【エロ体験告白】 - SEX体験談 衝撃のエロ体験告白

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

妻をオナニーのネタにして、色々妄想しながらシコシコする夫のH体験【エロ体験告白】

某社に勤めるOLだが、見た目も地味で、

浮気などしそうにもないタイプの妻だ。

ひそかに妻が他の男とセックスすることを期待しているが、

版で押したような「良妻」の妻に

こんな変態願望すら口にする事ができないでいる。


あまりに強い欲求だったせいか、

妻が他人とセックスしている夢まで見るようになってしまった。

そのときの興奮が忘れられず、

それ以来妻をオナネタに様々な願望をベースとして、

オナニーするようになってしまった。

例えば・・・、

制服姿の妻が、もう何年も女を抱けないでいる

囚人ばかりの監房にぶち込まれ、

犯される様を想像してみたりもする。
泣き叫ぶ妻、

引裂かれる制服やパンスト、パンティ、ブラジャー、

何本ものペニスが妻の様々な穴に挿入されたり、

身体中を嘗め回されたりする狂気の状況を妄想しては、

高ぶる興奮に耐え切れず、

大量の精子を吐き出す日々。

または、近所の童貞高校生の「筆おろし」をする淫乱妻を妄想したり、

初老の男をスケベそうなパンティ姿で誘惑する妻を妄想したりもする。

その際には必ず、妻のパンテイとパンスト、

水着や制服を身につけるようにする。

自分自身が妻の衣服を身につけて、

犯されたりする妻を演じながら、

妄想オナニーをする。

普段、妻が口にしないような「淫語」を口にし、

自らのペニスを激しくしごく。

射精の瞬間は、身体が硬直し、

脚がピンと伸びきる。

放心状態からシラフに戻ると、

ブラウスのボタンが飛んでいたり、

パンストが大きく伝線している事など日常だ。

妻にしても何着ものブラウスがなくなっている事など、

とっくにわかっているはずである。

また、身にもつけていないパンティが

洗濯機に放り込まれている状況も理解している。

妻からの問いかけを

「今か、今か」と待ち構えてはいるが、

いまだに何も言ってはこない。

それがまた、様々な妄想を駆り立ててくれる。





関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © SEX体験談 衝撃のエロ体験告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。