セフレでいいから仲良くしてね 【SEX体験】 - SEX体験談 衝撃のエロ体験告白

セフレでいいから仲良くしてね 【SEX体験】

トモ(34歳)とは、出会い系サイトで知り合い、半月程メールで話をしてたのだが、話の中で子供が同い年でしかも同じ幼稚園だと知った時はお互いビックリした。

既に写メ交換も済み、お互い気になっていたのでそのまま進行して会う事になった。
メールでかなりいやらしい女だという事は白状させていたので、初めて会った日からエッチする事は決まっていた。しかも野外で^^;

トモは結婚前に3P、海での水中SEXなどを体験してるという事だったので、僕も体験してみたかった野外エッチをすんなりと受け入れてくれたのだ。


夜の9時に待ち合わせ、僕の車に乗り込むとニコニコと嬉しそうにして話も弾み、どこでするかを考えながら走っていると、僕の太ももに手を置きさわりだした。
どうも我慢出来ない様子なので「フェラして」と言うと、ベルトを外し、ボタンを外し、チャックを開け、ズボンを下げ、パンツの中に手を入れチンポを握り、揉んだり扱いたりしだし、たまらず勃起してしまうと、パンツも下げ、ビンビンになったチンポを優しく扱いた。
運転しながらなので結構恐かったが、トモは激しくなる一方で、体勢を完全にこちらに向け、チンポに向かって顔を近付けたかと思うと、我慢汁を舐め「こんなにベトベトになってるね^^」なんて笑顔で言うんです。

「運転中にそんな事されたら誰でも興奮するよ!」って言うと、
「可愛い^^」だって・・・。

僕も興奮してきて「トモ、パンツ脱げよ!」って言い、ミニスカの中のパンツを脱がせオマンコを触ると俺以上にヌルヌル!しかも粘りが強い!
フェラをさせながら僕もオマンコを触り、お互いに興奮状態で公園に到着。
人が居ないのを確かめながらM時開脚にさせオマンコを触ってると・・・

(んっ?)

なにか固い物が当たると思い、確かめるとでかいクリにビックリ!?

「大きいクリやなぁ!?」って言うと、さすがに恥ずかしいみたいで「言わないで・・・」だって。

そんなトモをよそ目に大きなクリを集中攻撃すると、1分程で「イヤッ!ダメ!やめて!イッちゃう!」と言いながらイッちゃいました。

「クリは弱いからダメなの・・・」
「何度もイッたらいいやん!じゃあ、外に行こうか」

・・・と言い、車を降りて公園の中に入り、人気の無い奥の方に行き僕はベンチに座りまたフェラをさせました。

ビンビンになってきたのでトモをフェンスに手を付かせ、脚を開かせミニスカを腰まで捲り上げると、バックから一気に挿入してゆっくりとピストンを開始。

「こうちゃんの大きい!奥まで入ってるよ!もっと突いて!一杯突いて!」
「どこが気持ち良いの?」
「ん~、そこが・・・」
「そこってどこ?」
「アソコ・・・」
「アソコじゃわからないから止めようか?」
「イヤッ!オマンコが良いの!」

なんていやらしい言葉も言わせ、ピストンを続けていくと射精感が込み上げてきたので・・・

「もうイキそうだよ!口に出すからね!」
「口はイヤッ!」
「じゃあ、どこがいいの!」
「中に出して!」
「大丈夫なん!?責任取れへんで!」
「大丈夫だから!中でいいから!」

ドピュッ!ドピュッ!ピュル!ピュル!

「中に出しちゃったよ・・・」
「昨日で生理終わったから大丈夫だから」

初めて会って野外SEX・・・しかも中出し。

車に戻る途中に「出てきちゃった!?」と、太ももを伝う精子を手ですくって歩くトモ。

こんな可愛くいやらしい女だけど、僕は結婚してるし、他に本命の彼女も居るので遊びにしか思ってません。
適当なメールに素っ気無い態度の僕に「セフレでいいから仲良くしてね^^」だって。

それからもう1年半、今でもセフレとして楽しんでます^^v




関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © SEX体験談 衝撃のエロ体験告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます