【エロ体験告白】単身赴任先のマンションの隣に引っ越してきた女子大生 - SEX体験談 衝撃のエロ体験告白

【エロ体験告白】単身赴任先のマンションの隣に引っ越してきた女子大生

単身赴任・・・
愛しい女房子供を故郷に残し、鉄筋コンクリート造5階建てのワンルームマンションに越してきた。
一度故郷に戻り、送別会のあと離任の挨拶をして、赴任先へ来て孤独を味わう事2日、ピンポーン・・・とチャイムが鳴った。

「あの・・・隣に越してきた者です。今年から女子大に通います。よろしくお願いします。」
ショートカットであどけなさの残った可愛い顔の女の子から、手拭をもらった。
俺が一度戻っている間に越してきたらしいが、女子大生でこんなワンルームマンションって・・・ああ、そうか、ロビーからして鍵無しじゃ入れないというセキュリティを重視したのか・・・時代だなあ・・・と思った。
俺が大学生の頃は、男も女も普通のアパートに暮らしていた。

俺の部屋は3階の一番奥なので、お隣さんはあの女子大生だけで必ず彼女の部屋の前を通るからすぐ顔馴染みになった。
名前は奈々と言って、一回りも年が違ってまるで親子だった。
ゴールデンウィークは久しぶりに家族と過ごし、毎日のように女房を抱いた。
地元のお土産を買ってマンションに戻り、奈々へ渡した。
「わあ、美味しそう。ご馳走様です。」
可愛いなあ・・・と思わず顔がにやけた。

休日、ぼんやり過ごしても仕方ないので、新しい土地をドライブしようと玄関を出たら、奈々がいた。
「こんにちは。お出かけですか?」
レレレのレーとでも言いたかったが、通じまいと思い、
「新天地を散策がてら、ドライブしようかと思ってね。」
「あ!私も自転車でその辺走ろうかと思っていたんですよ~」
と言うので、
「一緒に行く?」
「いいですか?」
こんな感じで奈々との付き合いが始まった。





毎週末、奈々と過ごすようになった。
まるで中のいい親子、月に1度、月曜日に休暇を取って3連休にして故郷へ帰る以外は奈々と過ごした。
部屋にあがりこむような仲になってしまい、奈々が可愛くて、甘くいい匂いがして、いけないとは思いながらも惹かれていった。
無邪気な奈々を見て、父性に戻って、イカンイカンと戒めていたが、7月中旬、奈々がニコニコしながらやってきて、
「あー、試験が半分終わったぁー。後は9月かぁ・・・」
と足を投げ出して寛いでいたら、部屋着の短パンから伸びる太腿を見てムラムラとしてしまったが必死で我慢しながら、
「奈々ちゃんはいつ帰省するの?」
と、奈々がいなければムラムラも一時なくなると思いきくと、
「いつにしようかなあ。せっかくの夏休み、どこか遊びに言ってから帰りたいし・・・ヒロさん、一緒にどこか行きませんか?温泉でお泊りしてみたいなぁ・・・あ、もちろん自分の分のお金は出しますよ。」
あまりにも無邪気で、どうにもならなかった。

結局、奈々の実家との真ん中当たりの旅館を取って、車で出かけた。
当然父娘を装った。
風呂に入って食事して、少しビールなど飲んで寛いだフリをしていたが、奈々の匂いで股間が治まらなかった。
「あの・・・ヒロさん。私って、女の魅力無いですか?」
「え?そんなことないよ。可愛いし、魅力的だよ。」
「でも、こんな状況になっても、何もしないじゃないですか。」
「バカなこというんじゃないよ。娘みたいな女の子にそんな!・・・ちょっと、奈々ちゃん・・・」
奈々はいきなり抱きついてきて、俺の股間に手をやり、勃起を確認されてしまい万事休す・・・
「本当は、私を抱きたいと思ってるんじゃないですか?」
俺の負けだった。

奈々は、浴衣を肩からスルッと脱いで、ブラを外し、パンティを脱いだ。
俺も裸になったが、一つ気がかりなことを尋ねた。
「奈々ちゃん、君はセックスの経験があるのかい?」
「無いですよ。初めてです。」
「何でこんなおじさんと?お父さんとそんなに年変わらないでしょ?」
「私、小さい時に両親が離婚してるから父はいないんです。なんか、お父さんみたいなヒロさんと付き合ってるうちに、好きになっちゃって。でも、ヒロさんがここにいる間だけで、奥さんから奪おうなんて思いません。学生時代の恋人がヒロさんだったらなあって・・・」
「奈々ちゃん・・・本当にいいの?」

黙って目を閉じた奈々の腰の下にバスタオルを敷いて、唇を重ねた。
奈々は小柄で身長は150cm台半ばくらい、少しムチッとした幼じ体形で可愛かった。
乳房を揉みつつ乳首を擦り、少しずつ下のほうへ・・・茂みの下のピッチリ閉じた女陰をご開帳すると、ほとんど花弁が無い桃色の柔肉が覗き、薄っすらと濡れて光っていた。
甘酸っぱい少女の香りが漂う女陰を下から上に舐めると、花芯に触れた瞬間ビクッと反応し、やがてハアハアと息が荒くなっていった。
花芯を舌で転がすと、初めてのクンニに恥じらいながらも身を捩って悶え始め、トロトロになっていった。
「アッ・・・アアン・・・」
可愛い声で啼いた。
奈々は、赤黒い中年男根を頬張り、ぎこちないフェラを一生懸命こなした。

「奈々ちゃん、コンドーム持ってないけど、絶対に中には出さないようにするからね。」
生の男根の亀頭を桃色の女穴に押し当て、ゆっくりとめり込ませた。
「アウッ・・・」
押し戻されそうな反力に対抗すると、
「痛ッ!痛い痛い・・・」
と奈々が口にした瞬間、ズリュン!と根元まで一気に押し入った。
「ウグッ・・・」
ギチギチに締め付けられたまま暫くはじっとしてたが、少し強引に腰を動かすと、
「ヒャァァ・・・」
と少し切なそうだったので、前後運動の摩擦よりも、18歳の可愛い女子大生との結合の興奮を楽しんだ。
それでも自然に腰が動き、二回りも年下の女の子の処女喪失に興奮して射精感が募り、急いで奈々のお腹にティッシュを重ねてそこに射精した。
ビュビュビューーっと男根の先から出る白い液体を、奈々は不思議な顔で見ていた。
破瓜の証に染まるバスタオルを洗面に浸けて、その日は奈々と一つの布団で寝た。


翌日、最寄の駅まで奈々を送り、奈々は帰省して、俺はマンションに戻った。
お盆、帰省した1週間、毎日女房を抱いて、長年愛用している女穴が最高の具合だと感じた。

9月、奈々が戻ってきて、いきなり抱きつかれた。
「ね、ね、エッチしよっ!」
二度目の挿入だったが少し出血し、奈々もまだ痛みがあるようだった。
奈々が試験中ということもあり、9月の20,21,22と3日間休暇を取り、17日から25日まで9連休にして家に帰り、女房を抱いて過ごした。
平日もあったので、子供たちが学校に行っている間に久しぶりに女房をラブホに連れ出し、若い頃やっていたSMプレイに興じ、拘束して何度も逝かせてから男根でも逝かせ、思い切り喘がせてスケベを楽しんだ。
奈々の試験が全て終わったら、挿入の痛みが無くなってきた奈々がクンニだけでなく肉棒でも感じるようになってきた。
奈々は、芽生えた痴欲に戸惑いながらも、覚えたての快楽に少しずつ恥じらいを脱ぎ捨てていった。

2年目、春休みの帰省から戻った奈々は、スベスベ生肌を曝け出しながら、2ヶ月近く遠ざかっていた肉棒を求めた。
少しずつ開発されていった身体は、セックスのベテランの中年既婚男根に快楽洗脳されていった。
可愛い奈々の19歳の初々しい女穴を掻き乱せば、新鮮な淫蜜が糸を引き、ジュブジュブと噴出しシーツに染みた。
奈々は自分から蕩けた女穴を拡げて俺に見せつけ、中年肉棒を乞い、恥じらいも失い破廉恥に喘ぎ、2年生が終わる頃には逝くことも覚え、完全に中年肉棒の言いなりになっていた。
俺は俺で、奈々の膣壁の敏感な場所を把握して、逝かせる寸前に微妙にずらす焦らしの拷問セックスで、ウブな柔肌を弄んで楽しんでいた。

奈々も3年生になると、性の知識をネットで集めて、
「大学生活もあと半分、今のうちにこんなのも経験してみたいなあ。」
と言って見入っていたのはSMサイトだった。
「奈々ちゃん、それ、ハードにやりすぎると戻れなくなるって言うよ。」
女房ともやっていたなどとは言わず、聞いた話にしておいたが、恥ずかしそうに微笑みながら俺を見た清純そうな顔に、何となく潜む淫乱な被虐性を垣間見たような気がした。
奈々は、2年間の中年肉棒支配で、既に肉欲地獄へ突き進んでいて、生半可な言い訳では食い止められそうになかった。
「奈々ちゃん、軽くソフトなSMくらいにしておこうね。」
俺は、奈々をラブホに連れ込み、柔らかなバスローブの紐でМ字開脚に縛り上げて、無抵抗の奈々の女陰を花芯をメインにこねくり回し、同時に中指を女穴に挿し込んで、奈々の敏感な膣の天井を擦りあげた。
「ンヒィ!クヒィー、クヒィー、ダ、ダ、ダ、ダメェーーーーー」
おびただしい潮を噴きながら、奈々が逝った。
肩で息をする奈々の拘束を解いて、普通に抱いてやったが、一度逝った敏感な体は、焦らす暇も無く何度も逝き続けた。
拘束羞恥プレイにマゾ発情した奈々は、俺が故郷に帰らない週末は、みっともない体位で玩具にされるSMに逝き地獄を味わうようになった。

次第にエスカレートした俺達は、奈々が3年生を終える頃には、本格的に縄で奈々を縛り上げ、乳首と花芯へのしつこい愛撫に切ない吐息を漏れさせ続けた。
凌辱されて喘いでいる姿を撮影して見せることで、陵辱への欲望を感じている奈々自信へ対する羞恥心と嫌悪感を確認させて、被虐性を育てていった。
「ヒッ!ヒッ!ヒッ!ヒッ!ヒクゥ~ッ!ヒィィーーーーーーーッ!」
拘束されて何度も逝かされ、お預けされた中年肉棒を待ち焦がれた奈々は、
「こ、こ、これ以上逝かされたら、く、く、狂っちゃうよぉーーー!アウウゥーーーーーッ」
ガクガク市ながら白目を剥き、バタッと倒れた。
拘束を解いて俺が仰向けになると、フラフラしながら寄ってきて、俺に跨って、待ち焦がれた中年肉棒の感覚を確かめるように、自分からクイクイと淫らに腰を使い快楽を求めた。

逝かせ続けるだけではなく、かつて肉棒で焦らしたように、指での花芯膣壁同時責めでも、逝く寸前で何度も止めた。
「ウッ、ウウッ・・・ハァ、ハァ、お願いですから・・・もう・・・逝かせて・・・下さい・・・」
ウブな身体を縛られたまま、奈々はアクメ乞いした。
こんな時は、拘束したまま中年肉棒でかき回してやると、1分ごとに連続逝きをして、鼻水までたらして逝き狂った。

4年生になったら、クリキャップで奈々の花芯を吸引して肥大させてみた。
吸い上げられ続けて固く充血勃起した花芯は数時間その状態を保ち、ちょっと舐めるだけで全身に快感のシグナルが行き届き、奈々は可愛い四肢を痙攣させて何度も逝った。

再三の責めに破裂しそうに充血した花芯を責められ逝き地獄を味わい、中年肉棒でかき回されて純情顔で恍惚の表情を浮かべて、性の快楽を味わいつくして奈々の大学生活が終わりを告げた。
と同時に俺にも転勤の内示が下り、4年間の単身赴任生活に終わりを告げることとなった。

4年前に引き寄せあうように出会い、元いた方向へ離れて行く俺と奈々・・・
3月上旬、卒業式を終えて数日後、奈々の部屋は荷造りも終わり、さっぱりとしていた。
いよいよ明日、奈々が旅立つ・・・奈々と最後のセックス・・・
最後のクンニをするとき気がついたが、4年間のうちに、あんなに純情だった女陰には赤黒い花弁が出来上がり、性を楽しんだ痕跡を残していた。
縄など使わない、最後の愛情を確認しあうように、甘く、切なく、抱き合い、唾液を交換し、交わった。
「ハァ~~・・・ハァン・・・アッ、アアッ・・・ア、ア、アン、アン・・・・ウウッ・・・ウッ・・・」
最後は、啜り泣く様な喘ぎを聞きながら、奈々の乳房の下辺りに最後の精液を放った。
見た目は清純なアイドルの奈々が、精液まみれの悲哀純情顔を晒していた・・・
「明日、俺は仕事に出かけるから奈々ちゃんを見送ることは出来ない。明日の朝、お別れだ。」
「初めから、卒業するまでの約束だもんね。わかってたけど、やっぱりヒロさんとのサヨナラは辛いな・・・」
涙を溜めた奈々の泣き笑いの可愛い顔が忘れられない・・・

翌日、奈々が俺のために朝食をこさえてくれた。
二人で食べて、俺は仕事に、奈々は引越しのトラックと迎えに来るご両親を待った。
「じゃあな、奈々ちゃん。仕事、頑張るんだぞ。それから、身体、大事にしろよ・・・」
「はい。楽しい4年間でした。私の大学時代の彼氏は、ヒロさん・・・いえ、ヒロ君でした。さようなら、ヒロ君。」
「さようなら、奈々ちゃん・・・」

夜、部屋に帰るとき横切った奈々の部屋の窓には、灯りは点いていなかった。
心にポッカリと穴が空いたようだった。
それは4年前、家族を残してここに来た時の孤独感と似ていた。
しかし、感傷に浸る暇もなく、俺も女房子供の待つ家に帰る支度をしなければならなかった。

PCの脇に透明なケースに入れてあったSDHCカードの1枚を取り出し、中身を全消去した。
俺と奈々の淫蕩な思い出の記録を消して、奈々を心の中だけの恋人にした。
間もなく平成26年度も終わり、奈々との4年間の愛欲の思い出が詰まったこの街にもお別れをしなければならない。
そして俺はまた、女房の慣れ親しんだ女穴を味わい、次第に奈々を忘れていくのだろう。

きっと大学時代の彼氏のヒロ君は、若くて優しい男に入れ替わって語られ、新しい恋と共に忘れられてしまうだろうが、それでいいと思う。
奈々の過去に、一回り上の中年と過ごした破廉恥な日々は、汚点にこそなれ自慢にはならない。
それに、俺には愛する女房がいて、その長年愛用してきた女穴との再会が待ち遠しいくて仕方が無くなっている。
奈々・・・可愛い女子大生と暮らした4年間が、ほら、もう思い出になっていた・・・
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © SEX体験談 衝撃のエロ体験告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます