俺の望む通りにフェラしてくれた【エロ体験談告白】 - SEX体験談 衝撃のエロ体験告白

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

俺の望む通りにフェラしてくれた【エロ体験談告白】

高3の頃友達の姉さんにしてもらった。

俺は同級生の彼女と別れたばかり。

その元カノとHはしてたがフェラは未体験だった。

海の家でバイトしてたら客として偶然彼女が来た。

巨乳ってほどじゃないけれどDカップ(のちに本人に聞いた)のおっぱいと

長い脚、華奢なウエストに釘付けになった。

思い切って携帯番号聞いてその日のバイト後に会うことに。

外の公園で待ち合わせ、ここは蚊が多いからと言って俺んちに来るよう誘った。

両親はまだ仕事から帰っていない。妹は部活の合宿中だし絶好のチャンスだった。


部屋に入って普通にキスから始まり、服を脱がせる。

日中の海水浴でうっすら日焼けしていて二の腕が少し赤い。

日焼け部分と比べておっぱいが真っ白でめちゃめちゃ興奮した。

パンツ脱がせたらケツも真っ白で更に興奮した。

勃起してるアレを真っ白なケツにぐりぐり押しつけ、背後からおっぱいを鷲掴みにする。

むさぼるように彼女の体を求めた。
ここまでは自分が優勢だったんだが、彼女が反撃に出ると立場は一変してしまった。

馬乗りになって全身を舐められた。そういうの初めてで興奮した。

ディープキスが上手くて、男なのにキスでとろけそうになる。

ギンギンになって我慢汁垂らしまくりのアレを優しく上下にしごかれ、堪らず声が漏れた。

手コキで声出すなんてAVだけだと思っていたが、その時ばかりは我慢できなかった。

何度も射精しそうになるが、その度にそれを察して根元を握って阻止された。

気持ちいいけどそろそろ我慢が辛くなってきて、入れたいと言った。

しかし彼女は、今日は入れちゃダメだよ。私今日は舐めたい気分だから。と答えた。

そしてフェラが始まった。

最初は口に咥えずに、玉から亀頭まで何往復も舌でなぞられる。

またしても声が漏れてしまった。書くのも恥ずかしいが、女みたいな高い声で自分に引いた。

早く咥えてほしくて、とうとう彼女に懇願する。

するとそれまで意地の悪いやり方だった彼女が突然優しく従順な態度になり、

今度は俺の望む通りにフェラしてくれた。

奥まで咥えて全体をしごかれるより、亀頭を重点的に舌で包むようにされるほうが好みだったので

それで逝かせてもらうことになった。

カリから亀頭までを唇と舌で密着させ、適度に吸いながら丹念に舐めまわされた。

そろそろイキそうだと告げると口は離さずにジェスチャーでOK出されたので射精。

こんな感じで二発抜いてもらってその日は終了した。

なんだかんだ性格的な相性も良く、その後俺がまじで惚れてしまい告白して付き合った。
関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © SEX体験談 衝撃のエロ体験告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。